アムウェイでの事件が、今から20年ほど前に、起きていた!疑惑の発端を暴露!

勧誘したくありませ~ん!



アムウェイ 事件



1996年のアムウェイ事件について、教えてgooから抜粋しました。



記事内容は、そのままではなく、多少リライトしています。



1996年の国会質疑で、マルチ商法などの擁護ともとれる質問を

していた野田聖子消費者行政担当者が会見で、無店舗販売

大手「日本アムウェイ」から、2002年~2008年4月までに8枚



計16万円のパーティー券を購入してもらっていたことを明らかに

した。「消費者行政を預かる立場として偏った考えを持たれたく

ない
の述べ、全額返却する考えを示した。



「1996年11月、新しい訪問販売法が施行された。この改正に

より、違法行為を行っているディストリビューターを取り締まれる

ようになった。禁止行為を行った者は末端会員でも、警察に



より逮捕され、懲役または罰金を科されるようになりました。この

直後、アムウエイ(日本アムウェイ)の決算に悪化の兆しが現

514億円と、過去最高の実績を達成しました。



しかし、次の97年8月期には、売上高が1925億円と、2000億円

の大台を割り込み、経常利益も272億円と、大幅に減少しました

こうしたアムウェイの業績悪化は、アムウェイに不利なマスコミ報道



が、続いていたためとみられています。しかし業績悪化の1番の原因

は、アムウェイ(日本アムウエイ)・ディストリビューターらが抱いている、

誰が逮捕されるか分からないという不確実性観にあると指摘されています



つまり、逮捕されてまで、アムウェイにのめりこむことはないと、ディストリビュ

ーターは常にそのような“疑念”を感じながらその活動を行っていたと言えます」



東京地裁は、「マルチ(まがい)商法」と「連鎖販売取引」の用語に関して、

『「マルチ(まがい)商法」とは、一般的には、訪問販売という連鎖販売取引

及びこれに類似した取引を指すものと解するのが相当である』



~途中割愛~



1996年5月28日に、国会で、神奈川県に住むアムウェイ(日本

アムウェイ)・ディストリビューターの主婦が、行き詰まって自殺をはかった

(未遂)という事件が取り上げられた。このころからアムウェイへの世間の



風当たりが強まる。アムウェイ側は「マスコミによるアムウェイ・バッシング」

であると批判した。 アムウェイはマルチ商法(ねずみ講)であるとの

東京地裁の見解である。 」



以上とても難しい、記事内容でしたが、アムウエイの事件に関して

誤解があるといけませんので、しっかりと書かせていただきましたが



過去に、アムウエイビジネスに、おいて、禁止行為をされた、ディスト

リビューターが、おられて、大きな痛手を被ったと言う内容でした。



現在のアムウエイでは、そういったことは、ありませんので、安心されて

ご参加されてください。それでも、口コミ勧誘をせずに、ネットワークビ

ジネスで、成功したいと言う方は、こちらをクリックされてください。



バナー広告


【クリック禁止】勧誘不要です!その集客法とは・・・

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ