誰でも簡単!アムウェイ4lシチューパンセット使いこなし7つのコツを教えます!

これ以上勧誘できません!



アムウェイ4lシチューパン



アムウェイクイーンのアムウエイ4Lシチューパンセット

購入されたのですね。



本格煮込み料理や、スティーマーと合わせた蒸し料理



毎日のゆでる、煮る、蒸す料理に役立つアムウェイ4L

シチューパンのセット。使い勝手の良い小さめサイズだから

少人数用の重ね調理やポトフなどの大きめの具材を使った



料理に便利ですよね。



本日は、使いこなし7つのコツ
をお届けしますね。



1.火加減が大事。とろ火から中火で



アムウエイクイーン、クックウェアの火加減は「中火で調理を始め

蒸気がでたら弱火にする」のが原則です。どのような熱源でも

強火は使用しないでください。強火での継続的な使用は



ハンドルの劣化を早める原因となります。従来の調理器具より

も一段階小さい火加減を目安にしましょう。



と言う説明がありますが、強火は使用禁止などという、調理器具

があるのですね。信じられません。



2.フタを使っておいしく調理



アムウェイクイーンでの調理にはフタは欠かせません。フタをして加熱

することで、熱や水分を逃さず、素早く、おいしく仕上げます。

これは、加熱することで、フタと本体の接合面に水蒸気の膜が出来



より過密度を高める「水封現象」の働きによるもの。フタの縁から蒸気が

上がったら、火を弱めたり、調味料を加えるサインです。調理が終わって

火を止めると同時に一度フタを開けると、再度フタをした後もフタをとり



やすくなります。



3.油を使わない調理は「水滴チェック」を



肉や魚など素材自体の脂を生かして焼きあげる料理では、油を使いま

せん。そのため、しっかりとした予熱が必要になります。フタをして中火

(インダクションレンジIII・マニュアル4~8)で予熱し、予熱されたか



どうかを確かめるのが「水滴チェック」。フタを取り、少量の水をなべの中

に落とし、コロコロとした水滴のたまが散るようになったら予熱完了の

サインです。





4.調理に使う水はほんの少しでOK!



アムウェイ クィーンは「煮る」「蒸す」「ゆでる」などの調理の場合、素材

自体の持つ水分と少ない水分を加えるだけで調理を可能にします。

これが「無水調理」です。特に水分量の多い葉もの野菜などは



野菜自体が持つ水分と洗ったときの水滴だけゆであげます。また水分

を出さない素材のゆで卵も、「水封現象」と余熱利用で、ペーパータ

オルにしみ込ませた水分だけで調理できます。



5.揚げものの油量はフライパン2cm以上



揚げものをするときは、揚げ油をフライパンに2cm以上の深さまで注ぎ

ます。材料をいれたらフタをすることで熱が均一に伝わり、保温性に

優れているので、おいしく揚がります。油をフライパンに入れるときは



予熱せず、室温の状態で入れてから加熱を開始し、油の予熱時は

危険防止のためフタをしないのが鉄則です。



最後の6・7番目です。



6.分量に合わせてなべの選択を



7.「重ね調理」は順番がポイント



以上のような、7つのコツがありますので、しっかりとマスター

されて、調理器具の性能を最大限に引き出してください。



ネットでMLMバナー4

【クリック禁止】もう誰も勧誘しなくていいんです!その集客法とは・・・

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ