わざわざアムウェイの123ケーキを否定する理由って何なの?

今度は何なの?って言われたくない!



アムウェイ123ケーキ

この画像は、記事本文とは関係ありません。



私が、アムウェイにはまっていた頃、我々の

グループで、123ケーキと言う、ものが流行った

ことがあった。



卵と砂糖と小麦粉を「1:2:3」の割合で混ぜて

アムウェイのフライパンにいれて、電磁調理器の

「ケーキ」のボタンを押して、はい、出来上がり



というものだ。この1:2:3の割合で、本当に

美味しいケーキが焼けたのだ。相当前の

話だから、記憶が定かではないのだが



確かグループのみんなで、ワイワイ言いながら

作って、美味しい美味しいと言っていたのを

覚えている。今思えば、簡単に出来たから



なんだと言うのだ。こんな簡単に出来る

ケーキを焼くので、私の家に来ないか?

などと誘って、最終的には、アムウェイの



仲間で、固めて、普段言えないような会話で

盛り上がったところで、サプリの話だの、鍋の

話などが、展開されて行くのだ。



会話は、楽しいのだが、勧誘目的を告げずに

勧誘する行為は、法律で、取り締まられていて

「不実告知」と言う立派な、犯罪なのに、みんなで



やれば、怖くないとでも、言いたそうに、あちらこちらで

鍋パーティー・浄水器デモ・化粧品デモ等が、人間

あの環境に身を置くと、麻痺してしまい、犯罪を犯して



いるにもかかわらず、全くその意識が飛んでしまって

「相手が来たいと言って来たのだから」などと、苦しい

言い訳ストーリーを考えて、毎日毎日、考えてみたら



犯罪の片棒を担いでいたのだと、後悔の念だけが

残る。「赤信号みんなで渡れば怖くない」はずは

絶対ないのである。



何故こんなことをしなければ、ネットワークビジネス

出来ないのだろうか。そもそもどうして、友人知人を

誘わなければ、成功できないのだろうか。



どう考えても、おかしなおかしな理屈である。

もしも、誰も誘わず、勧誘する必要もない

ネットワークビジネスが存在するならば、あなたは



興味があるのだろうか。



もしも、あるのならば、こちらのバナーをクリック!


バナー広告

これで、最後にしましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ