ネットワークビジネスが、今までどうして、怪しい・ねずみ講と揶揄されてきたのかを解明しました!

友人をセミナーへ誘いたくありません!



犯罪

このイメージ画像は、記事とは関係ありません。



そーだったのか!

ねずみ講・悪質商法の正体



こちらこちら



ご覧になれば、 ネットワークビジネスとねずみ講との

違いが、理解できると思いますが、では、ねずみ講や

悪質商法は、実際にどのような手口で展開しているので



しょうか。「金銭配当型」「製品介在型」「投資詐欺型」

の3つのタイプに別けて、その正体を開設しましょう。



ねずみ講の登場を契機に

悪質商法と誤解されてきた



日本のネットワークビジネスの歴史を振り返ると、1960年

代に、台所用品を取り扱う日本タッパウェアーや健康食品

「ミキプルーン」を展開する三基商事の設立によってスタート

しました。



続いて1970年代に、日本アムウェイやノエビア、日本シャクリー

フォーエバーリビングプロダクツジャパンといった現在の大手企業

が次々と、開業し、本格的にネットワークビジネスが始まった



のです。一方で、1960年~1970年代は、ネットワークビジネ

スに似せたねずみ講が、数多く登場した時代でした。65年の

「新製品普及会」や67年の「天下一家の会」、72年の



「日本ホリディマジック」などが社会問題となり、それらの影響で

何十年たったいまに至っても、悪いイメージがはびこってしまって

います。ねずみ講の出現を契機に、76年に特定商取引の



全身にあたる、「訪問販売に関する法律(訪販法)、78年

に、「ねずみ講=犯罪行為」として、禁止する無限連鎖講

防止法を制定。以降現在に至るまで、悪質企業が多くの



被害者を産むたびに、関連法規が改正されるという流れが

ずっと、続いています。



悪徳商法タイプ1 金銭配当型



典型的なねずみ講の手口

「天下一家の会」




67年に発足した天下一家の会は、「親しき友の会」

「相互経済協力会」といった複数のねずみ講の組織を

運営し、約112万人の被害者と1900億円規模の



大きな被害をもたらしました。商品などを購入してい

ないにもかかわらず、お金を払い、さらに1人が4人

ずつ紹介していくことで、100万円以上を得られる



とうたった、典型的なねずみ講の手口と言えます。

例えば、会員のAさんが、本部への入会金1028

円と、5代上位の会員に1000円の系2028円を



支払います。次にAさんは、4人の会員を入会させ

Aさんと同様の金額を支払わせます。さらにその4

人の会員が新たな4人を入会させ、同様に2028



円支払わせます。こうした行為を5世代目まで続ける

ことで、1024人から1000円ずつ=102万4000円

の配当金を受け取ることができるとしていました。



しかし、この仕組みは、机上の空論であり、参加人

数が14代目で日本の人口を上回り、組織が破たん

します。



ところで、口コミネットワークビジネスがどうしても苦手だと

言う、あなたへ、ご提案です。



ネットでMLMバナー3



【クリック禁止】リストアップなし!声掛けなし!セミナーなし!本当なの?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ