株式会社広済の外山怜也さんのグループが新潟県で急拡大している理由とは!

友人を誘えません!



ビジネスマインドを伝授

飛び込む勇気を大切に




広済17 外山怜也さん

プロフィール



1983年5月生まれ。新潟県三条市出身

在住。大手運送会社に6年勤務し、ドライ

バー業務などを担当。約2年前に独立し



現在は、ウェヴデザインやホームページ作成

などのウェヴ関連事業を行っている。15年に

広済の松岡和也社長と知り合い、同年

6月に、会員登録した。ゴールドへの



タイトル昇格をめざしている。



広済の外山怜也さんは、「相手が感謝して

くれた結果として収入を得られる」という

信念のもと、ネットワークビジネスを提案



している。独自のビジネスマインドを伝えて

賛同者を増やし、グループが急拡大して

いるそうです。



松岡社長からオファー

製品力の高さに納得




ウェヴ関連事業を手がける広済の外山怜也さん。

昨年、共通の知人を介して広済の松岡和也社長

と知り合いました。



「松岡社長が新潟まで足を運んでくださり、広済の

製品や事業について、話して下さいました。松岡

社長から直接、『グランドオープンに向けて盛り上げて

ほしい』と声をかけられ徐々にやる気になりましたね」



製品力にも納得した外山さんは、仕事柄、パソコン

での作業で疲労が溜まりやすかったが、「テラヘルツ

波を照射した『ミラクルシール』を身体に貼ったところ



すぐに体感がありました」と振り返る。こうして外山さんは

ネットワークビジネスの活動を開始しました。



副収入を得ることに

興味のない人はいない



外山さんはまず、これまでの人脈を活かすことから始め

ました。リラックスして話せる自宅で、広済の事業説明

会を開いたのです。



ただし、製品や報酬プランについて説明し過ぎることは

避けたぞうです。



「私は自分のビジネスの経験から、人は売り込みを

された瞬間に耳のシャッターが閉まると理解して

いました。そこで私はビジネスを提案した後、『やるか



やらないか』の判断を相手に任せました。製品力に

は自信がありましたし、ネットワークビジネスは、相手

を説得するものではありませんから」



外山さんが強調するのは、ビジネスマインドについてだ。

事業に臨む上での考え方を説明しています。例えば





お金は相手からの「ありがとう」を形にした感謝状の

ようなもの。仕事で相手に喜んでもらい、その結果

として収入を得られます。



ただやみくもに「この会社はすごい」と言い続ける

だけでは、「ありがとう」は、生まれません。



会社勤めで月収10万円を得ていても、その会社

が破綻したら、収入は尽きてしまいます。しかし

10仕事から、それぞれ1万円の収入があるなら



ひとつがなくなっても、安心です。もしもの場合に

備えて、副業を持つことは重要です。



「多くの人はネットワークビジネスには抵抗が

あっても、副収入には興味があるはずです。

ということは、ネットワークビジネスを正しく



理解してもらえれば、参加してくれる可能性が

あります」



やはり、ネットワークビジネスは、友人を誘えなければ

楽しくないし、難しいですよね。





【無料】クリック禁止!勧誘不要の勧誘術公開!



【無料】クリック禁止!勧誘不要の勧誘術公開!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ