ユニシティ・ジャパン株式会社の筧田志繕さんが、語る、メンバー増員の秘訣を大公開!

友人を誘えません!



メンバーの「楽しい!」を重視

遊びを仕事に取り入れる




韓国出身の筧田志繕さんは、12年2月に

ユニシティ・ジャパンに登録。富山県のリーダーとして

県内をはじめ北関東や海外にもグループを築いている。



地元・富山で楽しいイベントを開催するとともに

東京本社のセミナーにも、意欲的にメンバーを

動員する。




ユニシティジャパン16 筧田志繕さんセミナーの様子 

ユニシティ・ジャパン株式会社 筧田志繕さんの

セミナー風景



プロフィール

1971年2月生まれ。韓国・釜山出身、富山県

富山市在住。韓国の短大を卒業した後、語学

研修のために、来日。帰国後は、日本語教師を



務めた。95年、日本人とのご主人との結婚を機に

富山県に移住。下着を扱う主宰企業で約7年間

活動した後、12年2月にユニシティに登録した。



現在のタイトルは、プレジデンシャルディレクター。



言葉のいらないビジネス

製品に惚れ込み登録を決意




韓国出身の筧田志繕さんは、95年、日本人との

ご主人との結婚を機に、ご主人の実家である富山

市内での生活を始めました。



ネットワークビジネスに出会ったのは30歳代のとき。

下着を扱う主宰企業で、約7年間活動し、実績を

挙げた。



「富山に住み始めた当初は、知人はいないし、言葉の

不安もありました。でも友人を作るのって、難しい言葉は

いらないんですよね。それはこのビジネスも同じことだと



思っています」その後、義母の介護のためにネットワー

クビジネスから離れ、退会。そんな折に、韓国に住ん

でいる姉と高校時代の親友がユニシティを紹介して



くれたのだそうだ。「サンプルとしてもらったエナジードリンク

に惚れ込んでしまったので、継続的に飲みたくなって

登録を即決しました」



「よく会い、よく話す」で

グループを拡大



現在、筧田さんのグループは約350人。そのうち150人

ほどが、富山県在住のメンバーだ。筧田さんは、富山で

メンバーを増やす秘訣を「とにかくたくさんの人に会いに



行き、たくさん話すこと」だと語っています。「富山の人は

欲が少なく、なかなか自分のテリトリーから出ようとしない

印象があります。だから、必ず私からまめに連絡を



するんです。一度心を開いてもらって、実際にビジネス

を始めると、皆さんびっくりするくらい働き者です」

月に一度、筧田さんは、富山市内で「ハーフデー



セミナー」を開催している。また毎週金曜日は、自宅で

ホームミーティングを実施。メンバーがワクワクするような

イベントを企画しているそうです。



思い出作りが

セミナー動員のコツ




とにかく楽しいことが大好きだと言う筧田さん。東京本社で

イベントがある際には、メンバーを「東京観光」に誘う。

北陸新幹線が、開通してからは新幹線を利用していますが



以前は東京まで車を走らせていたそうだ。



「富山のメンバーにとって、セミナーのためだけに東京へ

行くのは、とても大変なんです。だから『スカイツリーを

見に行こうよ
』とか『新大久保の韓国料理を食べに



行こうよ』と声をかけて、プラスアルファの思い出作りを

心がけています」



いろんなことにかこつけて、セミナーへ動員するのは

思った以上に、大変ですよね。




バナー広告2

【無料】クリック禁止!アポなしの勧誘術公開!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ