アコルデのラフェスタグループの結城次津子さんが語る60代からの、成功法則とは

人を誘おうとすると、声が震えます!



私達の人生は、まさにこれから!


60才から、始めるネットワークビジネス

 

ネットワークビジネスは、60歳以上の、ディストリビューターが、数多く活躍

しています。人と人とが、つながっていく仕事ですから、今までの人生で

築いてきた、信頼や経験を存分に活かすことができるのです。つまり

60歳以上の方が、ひょっとしたら、ネットワークビジネスに向いていると

言えるのかも、しれませんね。 あなたも、もう一度、ネットワークビジネスに

挑戦してみませんか?皆さん、活き活きと、活動されておられますよ。



豊かな人をたくさん輩出し

人生の可能性を伝えたい




アコルデラフェスタグループ6結城次津子さん

アコルデ

ラフェスタグループ 結城次津子さん(66歳)



宮崎県出身。岡山県倉敷市在住。高校卒業後

名古屋市内のスポーツ関連企業で事務職を務める

結婚を機に退職し、倉敷市に転居。2人の息子を



育てながら、市内でスナックと喫茶店を約30年に

わたり、経営してきた。30歳代前半の時に、店の

常連の勧めで下着のネットワークビジネスをはじめる



2004年、アコルデに登録。ダイヤモンドディレクター。

現在は全国各地でセミナーを行っている。



ビジネスで自立の道へ

短期間で実績を挙げる



結城次津子さんは、結婚を機にそれまで、勤めていた

会社を離職。しかし、「働きたい」という思いから、20歳

代でスナックの経営を始めた。



「幼い息子たちを寝かしつけてから仕事にいく毎日でした

忙しさは、ありましたが、自分のお店を持てる嬉しさも

あり、楽しく働いていました。」(結城さん)



このお店が、結城さんとネットワークビジネスとの出会い

の場となった。店の常連だった女性が、ネットワークビジネス

の下着を紹介してくれたのだ。その後、結城さんは、ビジネス



を開始し、5年足らずで大きな成功を収めました。



一方、加藤敏子さんのネットワークビジネスは、28歳の

ときに、関節リウマチを発症し、手が思うように、動かなく

なってしまったのが、始まりだった。



不自由な体でもできる仕事を探していたところ、ネットワ

ークビジネスの存在を知ったそうです。

「この仕事なら私にもできる」と感激した加藤さんは、87年



調理器具を扱う大手外資系企業に登録。わずか3年で

グループ総売り上げ日本一を達成しました。



信頼できる会社と

リーダーの人柄が魅力




そんな2人がアコルデビジネスを始めたのは、ともにアコルデの

トップリーダーでラフェスタグループの柴倉義典代表との出会い

があったからなのです。



50歳に入った頃、結城さんは、紹介者である、妹の友人から

「会って欲しい人がいる」と声をかけられた。まったく興味がなかった

という結城さんですが、仕方なく一度だけ会ってみることにしたそう

です。そして、その当日。



「目の前にスーパーカーが、停車したとき、『この話は、絶対断ろう!』

と心に決めました。きっと胡散臭い人に、違いない、と思っていたん

ですね。でも実際に降りてきたのは、腰が低くてとても、聡明な



方だった。それが柴倉代表だったんです。この方なら、私を正しい

方向に導いてくれるはずだという直感がありました」(結城さん)



今まで、人を誘うネットワークビジネスが、上手く行かなかった方へ

ご提案です。



まずはこちらのyoutubeをご覧ください。



【無料】クリック禁止!この方法なら!もう断られない!



【無料】クリック禁止!この方法なら!もう断られない!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ