ネットワークビジネス 日本撤退までのカウントダウンを傾向と対策を含めてシュミレーションしてみました!

もしも、入院したら、どうする?

海外から、日本に、ネットワークビジネスの主宰企業が

数多く上陸しますが、ほとんどの企業が数年以内に

撤退を余儀なくされている現実があります。

日本に上陸した新たな外資系企業が、正式にオープンを

待たずに泣く泣く撤退するまでの過程を大胆にシュミレーション

つまずきの石はどこにあるのかを検証してみましょう。

これから日本へ進出する皆様へ



上陸イメージ

上陸成功のための

傾向と対策



⑩日本上陸!

製品の流通開始とともに

コミッション(報酬)の支払い

もスタート



⑨営業を始めたものの

日本の市場調査が

十分ではない



対策

製品の配合成分が

日本でOKかチェック

日本参入にあたって市場調査が欠かせません。

例えば、店頭販売や競合の主宰企業の製品

価格についてや、関連する法律の本国との

違いについてなど。とくに本国の主力製品が

そのままの処方のまま、日本に導入できるかは

とても、重要です。個人輸入から国内出荷に

移行する際に、日本では認可されていない

薬事法対応にまごついて、配送が滞る事態

となっては、会員の信頼を損ないかねません。

⑧ディストリビューターが

活動しやすい環境でない

対策

ラインアップを限定して

販売しやすい環境づくり



日本のディストリビューターが活動しやすい環境つくり

に注意を注ぎたい。一例をあげると本国では、複数の

アイテムを用意していても、日本では企業の顔となる

1品目だけを取り扱うことにするのも、ひとつの方法です。

ラインアップを限定することで、大手の外資における

「アムウェイ=洗剤」「フォーエバーリビングプロダクツ=

アロエベラ」というように、その唯一の製品が企業の代名詞

となって、売りやすくはなるが、ユーザーの好みはそれぞれ。

⑦愛用者に目が

向いていない

対策

日本人が使用しやすい

パッケージラベルに




ビジネス会員を重視する一方で、愛用者への配慮も

大切です。パッケージが開きづらかったり、タブレットが

大き過ぎたりすると、会員が愛用し続ける妨げとなります。

メイド・イン・ジャパンの製品に慣れた日本人には、外国製

の製品が、錠剤が大きすぎたり、臭いがきつすぎたり、とまどいも

多くなります。このほか、高齢者にも製品の特徴が伝わるように

容器に日本語のラベルを貼るなどの工夫が必要です。

⑥企業理念が浸透しない

対策

本社の経営陣が来日し

事業ビジョンを訴える



振興外資が日本に定着する最大のポイントは、会員がその

企業の理念やポリーに深く共感できるのかどうか、志の高い

リーダーが口コミで伝達するほか、本社の創業者や経営陣が

来日し、直接、事業ビジョンを訴えることで、企業への信頼は

より高まります。日本の会員に、いわば、本物に触れる体験を

してもらうことが、重要です。

⑤ブランディングに

難がある

対策

ホームページや販促物を

正しい日本語表記にする



日本の消費者の関心を引くにはブランディングが

ものを言います例えば、公式ホームページのデザイン

本国のサイトをただ機械的に日本語に翻訳しただ

けで、不自然な日本語があっては、「海外の優良ブランド」

と認識されるのは、難しいですよね。法的書面はもちろんの

こと製品資料などの販促物も日本仕様に刷新しましょう。

結論から、申し上げまして

外資系企業の競争が激しい日本市場で、他社と差別化

するのは、とても、困難だと思います。しかし焦りは禁物で

むしろ創業時にこそ、じっくりと時間をかけて、自社の創業

ストーリーを伝え続けましょう。もちろん、伝え続けたからと

言って、売上に直結するわけではないし、ましてや、上陸に

成功するとは、言いきれませんが。

日本の会員は、熱意さえ伝われば、真剣にビジネスに取り組む

ことになるとは思います。

そんな、理由で、まるでブームのように、日本上陸を狙っている

企業にとって、そんなに、容易ではないと言うことがわかるだろう。

ところで、ネットワークビジネス成功して、夢の権利収入を得たいと

思っているあなたへ提案です。

まずはこちらのyoutubeをご覧ください。

あなたが、もしも入院しても、勧誘し続ける、夢の勧誘術公開!

【無料】あなたが、もしも入院しても、勧誘し続ける、夢の勧誘術公開!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ