ネットワークビジネス MLMの会員数のアクティブ率から何がわかるのか!

そのままで大丈夫ですか?

ネットワークビジネスの会員数って、一体どのくらいいるので

しょうか。月刊ネットワークビジネスから、また検証してみたい

と思います。

怪しいと、散々言われ続けているネットワークビジネス人口事情

を探ります。

②アクティブ会員数

45社のアクティブ率は平均45.6%



実態調査②アクティブ会員数

アクティブ会員とは、「オートシップ(定期購入)契約をしている会員」

「3ヵ月以内に1度以上の製品購入実績がある会員」など、主宰

企業によって定義は異なりますが、ある一定の期間内に継続して

製品を購入している会員のことを指します。ネットワークビジネスに

限らず、業績向上のためにはいかにアクティブ会員を増やしていくかが

カギとなります。

14年度のアクティブ会員数(45社)は、最高レンジが127万4043人

最低レンジが81万4043人。中間値のアクティブ会員数は104万

5521人でした。また45社のアクティブ率(総会員数に占めるアクティブ

会員数の割合)を算出したところ、平均45.6%となりました。

前回の調査と比較すると、5.6ポイントマイナスという結果です。

アクティブ率の向上が、今後の課題の1つだと言えそうです。

③消費者会員数

14年度は182万人



消費者会員とは、製品を購入して自身で愛用するだけで

リクルーティングなどのビジネス活動を行わない会員のことです。

45社の回答結果を見ると最高が210万6001人、最低が

154万9043人で、中間値が182万7522人。14年度の

消費者的会員数は、182万人となりました。

④ビジネス会員数

14年度は51万人

14年度の1年間に特定利益ボーナスを取得した会員を

「ビジネス会員」と定義して、集計されたそうです。最高では

63万4000人、最低では39万1043人となり、中間値は

51万2521人でした。14年度のビジネス会員数(45社)は

51万人と推測しています。

レンジ項目では、「1~100人」が32.6%でもっとも多い結果

となりました。やはり、ビジネス活動に従事して収入を得ている

会員の割合は、相対的に少ないようです。45社の総会員数

に占めるビジネス会員の割合を算出してみると、23.0%でした。

ネットワークビジネスは、だいたい、ビジネス会員が2割、消費者的

会員が8割という組織が多いと言えますね。

管理人の一言

これは、あくまでも、平均統計数値なので、はっきりとしているわけ

では、ありません。大まかに傾向として、捉えていただければ良い

のではないかと思います。あなたの組織の割合はどうですか?

この割合がどうであれ、口コミネットワークビジネスの声掛けが

難しいという事実は、変わりませんよね。

まずはこちらのyoutubeをご覧ください。

不安一杯の、未来を希望に変える方法!

【無料】不安一杯の、未来を希望に変える方法!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ