ネットワークビジネス 株式会社TIENS JAPANの深作壮一郎社長が語った2020年への展望!

いまだに口コミ勧誘やっているのですか?

月刊ネットワークビジネスは、7月号で何と創刊200号を

むかえられたそうです。その特別企画として、ネットワーク

ビジネス
の発展にご尽力されて来られた主宰企業のトップ

へネットワークビジネスは「雇用を創出する!」についての

質問にお答えして頂いていますので、今後の主宰企業

選択の参考にしていただければと思います。

TIENS JAPAN深作壮一郎社長



TIENS JAPAN深作壮一郎社長

簡単プロフィール

1948年、神奈川県生まれ、大手旅行

代理店を経て、74年にネットワークビジネス

業界に転身。日本健康増進研究会(現

NIKKEN)の取締役営業担当副社長や

ユニシティ・ジャパンの社長室室長などを

経て、07年4月、TIENS JAPANに入社

現在に至る

新たな製品カテゴリーを開拓し

市場を成長させる

TIENS JAPANは2007年の開業以来

中国本社であるTIENSグループとの連携を

強みに、順調に業績を伸ばしています。

業界歴約40年の深作壮一郎社長は「ディストリ

ビューターの人間的成長を見られることが最大の

喜び」だと魅力を語られました。

世の中にどんな貢献をもたらしてきたのか?

起業家をめざす人々に

選択肢を提供できた

まず経済全体というマクロの視点から見れば

流通業の一形態として、日本経済の活性化

に貢献できたのではないかと思います。

次にネットワークビジネス業界に特化して言えば

このビジネスの最大の特徴である起業家をめざす

人々に向けて、TIENS JAPANの事業を選択肢

の1つとして提供できたと自負しています。

ネットワークビジネスの最大の魅力

誰もが起業家として

スタートラインに立てる

自分の意志さえあれば、性別・年齢・学歴・経歴に

関わりなく、誰もが起業家としてスタートラインに立てる

こと。これはネットワークビジネス以外の業態にはない

独自の魅力だと思います。

トップとしてやっていて良かったこと

ディストリビューターの

人間的な成長を実感



ディストリビューター活動を通じて経済的な豊かさを

得るだけでなく、人間的な成長を遂げることが出来ます。

その前向きな変化を目の当たりにできるのは、主宰

企業のトップとして最大の喜びです。

社会的評価を得るために取り組むべきこと

業界団体が代表して

社会的な意義を広報する

主宰企業1社だけでの取り組みには限界があります。

そこで業界団体が代表して、ネットワークビジネスの

市場性や各社の社会貢献活動などについて広報

することが必要ではないかと思います。会社側の

姿勢としては、売り上げを伸ばすことばかりに目を

向けず、売り上げ規模に見合った質の高い企業

をめざす経営が社会的評価を得るために求められ

ます。

貴社と業界の2020年はどうなるか

DNA検査を活用した

ビジネスモデルを構築



先日開催したイベント「TIENS University」では

DNAの検査を活用したビジネスモデルを構築する

と発表しました。2020年には、DNA検査を中心

としたライフスタイルを提案できるTIENS JAPANだ

と認識されるほど、確固たる地位を築いていると確信

しています。

この業界はこの5年で淘汰されると考えられます。

管理人から一言

時代のニーズに併せて変貌を遂げてきたTIENS JAPAも

後5年後にどうなっているのか、とても興味深いですよね。

とは言え現段階ではまだまだネットワークビジネスの社会的

認知度は、そんなに高くありませんよね。

まずはこちらのyoutubeをご覧ください。

私は、口コミ勧誘致しません!その理由は?

【無料】私は、口コミ勧誘致しません!その理由は?



会社概要

社名 株式会社TIENS JAPAN(Tiens Japan Inc)

所在地 東京都中央区銀座8-8-8 銀座スリーエイト10階

HP              http://www.tiens.co.jp/

設立 2007年1月

事業開始 2007年9月

代表取締役社長 深作壮一郎

資本金 5,000万円

事業内容 栄養補助食品およびパーソナルケア製品の製造・卸売


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ