MLM 日本アムウェイ(Amway)の新谷真規子さんが 初めて語る、30数年の長きにわたり続けて来られた秘訣!

無意味なABCは不必要な驚愕の勧誘術公開!


アムウェイ2-2新谷真規子

新谷真規子



  日本アムウェイ(Amway) 新谷真規子さん 東京都出身。

小さい頃から絵画学校に通い 芸術的なセンスを身

に着ける。15歳のときか らNHKの子供教育番組

「できるかな」などに 出演し、1週間に5日通い、

芸術関係の仕 事に従事していました。

出演者の男の子と遊んだことが楽しかった 思い出

だそうです。
1981年10月、レストランを経営する

ご主人の 新谷重史さんとディストリビュータ登録。

翌82年 からビジネスを開始、5月に21%を達成し、

シル バープロデューサー、7月、ダイレクト・ディ

ストリビ ューター昇格。83年6月エメラルドDD達成。

  8 4年6月日本で7番目のダイヤモンドDDを達成。

新谷真規子さんは、4年間に日本全国を訪れ、 ビジ

ネスを展開していきました。

  その後、米国に 移住。日米間を通勤しながらビジ

ネス活動をさ れておられ、現在、トリプル・ダイ

ヤモンドDD
なの です。

今回は、月間ネットワークビジネス8月号の本誌に

何と、3ページにもわたって掲載されている、アム

ウ ェイ
で30年の長きに渡り、トップに輝き続けて

おら れる新谷真規子(トリプルダイアモンドDD)の

軌跡
のご紹介をさせていただきたいと思います。

30年もの長い間ネットワークビジネスで輝き続ける

秘訣のようなものが、何かのヒントになれば、幸い

です。

30年経ったいまでも 頑張って仕事が

できる ネットワークビジネス

1979年、アムウェイは日本での営業をスタートしま

した。 2014年の今年35周年を迎える、新谷重史さん

・真規 子さん夫婦がアムウェイ・ビジネスを始めた

のは、開業から 3年後のことです。

それから32年もの間、新谷真規子さん はずっとアム

ウェイのディストリビューターであり続けています。

これまでのアムウェイ・ライフを振り返り、ネット

ワークビジネス ビジネス
とアムウェイ・ディストリ

ビューターの理想やあるべき姿、 そしてこれから叶

えたい夢を初めて語られました。

絶対主流になるビジネスだと

判断してスタート

「『ネットワークビジネス』という言葉は知らなくても

『アムウェイ』 なら知っている」多くの人がそう答える

であろう企業がアムウェイです。
アムウェイは、米国で

1959年に誕生した後、それから20年後の 79年に日本での

営業をスタート。

  ネットワークビジネスの長い歴史 の中で一時期は一大ブ

ームを巻き起こしたといっても過言ではない ほど世の中に

広まりました。

  私の友人も、その当時アムウェイ、アム ウェイ言っており

ました。
新谷さんがアムウェイ・ビジネスをスタートした

のは32年前 の82年のこと。
「私の人生の最大の目的は親孝

行することでした。

  主人はレストランを経営しており、私は日々親と一緒 に過

ごしながら、何か仕事をしたいと思っていました。 そんな私

にアムウェイを伝えてくれたのは、私の父親の いとこでした」


父のいとこはなんとなく「人に伝えればいいことが起き るので

はないか」という気持ちで話をしてきたと言います。

新谷さんがこの話を断ろうかと、アムウェイについて調べ て

いる最中、広告代理店企業に勤めていた新谷さん の父がアム

ウェイ
について調べたそうなんです。

「『企業としては間違いない』という回答でした。商事 会社など

がアメリカンビジネスの研究チームを作っていて、 そこで、これ

からの時代、ダイレクト・セリングの仕事は 主流になると分析し

ているようでした。

  さらに、私の放 送局に勤務しており、創立者のジェイ・ヴァン

アンデル 会長が全米商工会議所の会頭として兄の放送局の インタ

ビューに応じるということで、兄も『確かな会社だ ね』と理解し

てくれました」
これにより、新谷さんはアムウェイ・ビジネスに

確信を持ち、 ビジネスをスタートさせたわけです。

苦労を楽しみながら

次々とタイトル達成

  とはいえ、いまから30年以上前は、日本にネットワー クビジネス

という言葉がなく、このビジネス形態はまだ まだ認知を得られてい

ない時期。いまのように会社側 のサポート体制や流通体制も万全で

はない。それこそ、 言葉通り“個人事業主”としての仕事が始まりました。

「当時は、品川区勝島の埋立地に商品を保管してい る倉庫がありました。

中島薫さんや私たちは、1日に3回、 倉庫まで商品を取りに行くんです。

いまのように宅配業者 も全国に広がっていませんでしたから、流通も遅く、

自分 たちで梱包を繰り返していました。

  それでも夢がいっぱいで、 苦労というよりは、毎日楽しく倉庫まで通っ

ていました」
こうしてスタートしてから4年間、新谷さんは、日本全国を

回ってアムウェイ・ビジネスに一生懸命取り組み、広げてい きました。

その結果、約2年半という短期間でダイヤモンドD Dを達成。このタイト

ルの獲得は、日本でまだ7番目だったの です。
さらに、それから1年半後

にはダブル・ダイヤモンドDDを 獲得しました。

   その後、新谷さん夫婦にお子さんが誕生し、子供をインター ナショナル

に育てるために米国へ移住します。 1カ月に1回、日米を往復するビジネス

と生活になりました。
その間、グループの多くのメンバーの方々は、タイ

トル的に 新谷さんを追い抜いていきました。

「私は追い越されては いきましたが、グループの仲間それぞれに魅力があり、

伸 びていったことを素晴らしいと感じています」

お友達作りが ビジネスの基本

このように順調にビジネスを進めてきたといえ、やはり日本 では、いまでも

ネットワークビジネスに対する偏見はご周知 の通り少なくないです。

アムウェイにいたっては、歴史が長く、大手であるがゆえに、 世間に好まし

くない誤解や先入観が広まったこともありまし たが、いまでは理解を得られ

るようになったのではないかと 思います。
新谷さんは、この32年間の活動の

なかで、理解されない 問題点が少なからずあることも把握されています。

その1つ目が“自由”という言葉に関すること。 「日本人は、自由を“気まま”と

訳します。たとえば、 学生がアルバイトに行くときも気ままには行きません。

決められた時間に出勤して、決められた時間まで きちんと働きます。

しかし、このビジネスでは、自由を 気ままなビジネスと解釈したことで、

トラブルが起き たのです」
自由を“気まま”的に解釈し、ビジネスとしての

意識 が薄れてしまった結果、ビジネスと友達、ビジネスと プライベートな

どの境界線があいまいとなっていく。 “ビジネスにおける自由”の意味は、

勤勉な日本人 にとってはなかなか理解しがたいのかもしれません。

次に“努力”という言葉でした。 「私がビジネスを始めた当初は、ちょうど

バブル経済が 崩壊する前で、『お金儲けしたい!』という人がたくさん い

ました。そして、このビジネスなら“努力なし”で儲け ることができる、と

いう雰囲気がありました」しかしアム ウェイのディストリビューターは決

して何の努力もしない で報酬を得た訳ではないんです。

過去もいまも、一生 懸命働くことで、それに見合う収入を得られることを

伝 えていかなければならない。
そして30年以上たったいまでも、新谷さん

はやはり人 脈作り、お友達つくりをすることをこのビジネスの基本 とされ

ています。
この続きは、月間ネットワークビジネス8月号に 詳しく掲載さ

れています。
一見すると、おしとやかで、清楚な奥様風の新谷さん だが、

ビジネスの厳しさと、努力を惜しまない行動力に より、30数年の長きにわ

たり、続けてこられたんだと、 すごく感じました。
  



悩むビジネスマン

ところであなた、尊敬も出来ない、お客様に とっては、初対面のアップラインを

不自然に 誉めなければいけない、ファミレスABCを 体験された事はありますか?

ABCのAに当たるのがアップライン(話す人) Bに当たるがブリッジ(橋渡し役の人)

あなた Cにあたるのがカスタマー(お客様)
要するにベテランと言われているアップ



ラインの 方は、「私が契約を決めてあげましょう。」的な 上から目線バンバン浴

びせ倒して
  約2時間~3時間 「相手の私の友人は 嫌がって興味しめしていない

じゃないか、もうやめてくれよ。」 目で合図するも全く聞き入れてもらえず、

延々数時間
  最終的に決まらない結果になろうものなら 少し不機嫌なアップの

ご機嫌取りなんかしたくもないのに やる羽目になって、終わった後は、また延々

反省会と称するお説教・・・・・・ 「仕事が休みの日曜日なのに・・・・・」  

「もう、俺の大切な友人は二度と誘わない」 そう心に決めた、そんな虚しい時間を

費やした事 心当たりはありませんか?
  その時決まらなかったのは、アップのせい

でもあなたのせいでも ないんですよ。

  誰のせいでもないんです。どんなに素晴らしい??? アップでも興味のない人に

したら、ただの人なんです。
そこに気が付かないとあなたは、ネットワークビジネ

で 成功は出来ないでしょう。
 

その事をわかりやすく、メールセミナーと言う形で ご説明させていただいています。

まずは、動画をご覧ください。それから、その下の リンクをクリックしてセミナー登録して下さい。

 

見るだけ無料ですから、どうぞご覧ください!

下線 無意味なABCは不必要な驚愕の勧誘術公開!

無意味なABCは不必要な驚愕の勧誘術公開!  



会社概要

社名                                          日本アムウェイ合同会社

本社所在地                                 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町7番1号

電話                                          03-5428-7000(代表)

URL                                            www.amway.co.jp

営業開始                                    1979年5月(2008年9月1日に日本アムウェイ株式会社 組織及び社名変更)

事業内容                                     アルティコア社の系列会社からの家庭日用品の 輸入・販売(一部製品は、

             日本で開発・委託製造) 販売方式                                    

             ディストリビューターによるダイレクトセリング(直接販売)
 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ