アムウェイビジネス とは、履歴書も、性別も経験も必要がない、夢のビジネスなのだ!

私は、左片麻痺の障害者です!



いきなり、そんなこと言われても、困ってしまいますよね。

実は、私は、【左片麻痺】の障害を持っています。

 

しかし、完全在宅で、どこへも行かずに、誰とも会わずに

ネットワークビジネスを展開しています。

今回、ご訪問して下さった、あなたへ、どのようにして、障害者の私が

 

ネットワークビジネスで、成功することが、出来たのかを、ご訪問して

下さったあなたへ、こっそり、お教えいたします。

 

記事をご覧になられて、一番下の、リンクをクリックして下さい。

謎が、全て解けると言う仕組みになっていますので、お楽しみに。



アムウェイ・ビジネスとは



アムウェイ・ビジネスとは

アムウェイ・ビジネスとは、自らの使用体験を通してその良さを

紹介し、“人から人へ”伝えていくビジネスです。人を通じて

製品を販売する方法に半世紀も前から取り組み、ネットワーク

を広げています。


つまり、簡単に説明しますと、アムウェイの愛用者が、自分の

使い心地の良さや、感動を、いわゆる口コミによって、グループ

を拡大していく、方法を採用していると言うことです。

基本的なビジネス活動

アムウェイ・ビジネスの第一歩は、製品を実際に使い、ディストリビューター

に登録することから始まります。ビジネス活動は大きく分けて、身近な人に

製品を紹介し小売する方法(小売活動)とアムウェイに興味を持った人に


アムウェイ・ビジネスやディストリビューターになることを勧める方法

(スポンサー活動)があります。この二つをバランスよく行っていくことが

成功への近道といえるでしょう。


ここでは、アムウェイ・ビジネスを行う上での基本的なポイントをご紹介

しています。


つまり、アムウェイ・ビジネスとは、小売りと、小売りしていただく人を

作るスポンサー活動との両輪で成り立っているわけです。


アムウェイのビジネスのチャンスは、誰にでも平等に用意されています。

おいしいレストランを見つけたり、面白い映画を観たときは、誰でも

その喜びをお友達に伝えたくなります。


誰もが抱くそんな気持ちを、アムウェイは“ビジネス”として形にしました。

自分が使ってみて「ぜひ人に伝えたい」と感じたアムウェイ製品を身近な

人にお薦めしたり、ディストリビューターになることのメリットを興味の


ある人に伝えられる。そのような機会を性別や経歴などに関係なく誰にでも

平等に用意しているのが、アムウェイ・ビジネスの大きな特長です。

ノルマなし・在庫の必要なし・平等


アムウェイ・ビジネスの主役となるのが、ディストリビューターと言われる

独立した事業主です。ディストリビューターはノルマや活動時間・活動地域

などの制限は一切なく、それぞれのライフスタイルに応じて活動することが

できます。

また製品は、受注後速やかに配送されますので在庫の必要がありません。

製品購入価格は、経験や実績に関係なく全ディストリビューター同一です。

「アムウェイ・ビジネスがやりたい」

と思われたら


STEP1.自分で製品を使ってみる/ディストリビューターに登録する

1.自分で製品を使ってみる

どんなものでも、本当に自分が納得し、「この製品がいい!」と思って

いなければ、説得力を持って人にお薦めすることは、できません。

まずは、自分自身がアムウェイ製品を使ってみて、その良さを実感


することが第一歩になります。


ここから、先は、アムウェイのアムウェイ相談室か、あなたへ

アムウェイ・ビジネスを伝えてくれた友人へお尋ねください。

アムウェイ相談室

0120-88-33-44

営業時間(月~土) 9:00~17:00(日・祝日サービス停止)




スマホ

障害者が勝ち組になれる方法とは

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ