アムウェイのニュートリプロテインの1日に必要な摂取量を超えるとどうなるのか!

私は、左片麻痺の障害者です!



いきなり、そんなこと言われても、困ってしまいますよね。

実は、私は、【左片麻痺】の障害を持っています。

しかし、完全在宅で、どこへも行かずに、誰とも会わずに

ネットワークビジネスを展開しています。

今回、ご訪問して下さった、あなたへ、どのようにして、障害者の私が

ネットワークビジネスで、成功することが、出来たのかを、ご訪問して

下さったあなたへ、こっそり、お教えいたします。

記事をご覧になられて、一番下の、リンクをクリックして下さい。

謎が、全て解けると言う仕組みになっていますので、お楽しみに。



アムウェイ プロテイン 摂取量



アムウェイのニュートリライトプロテイン(オールプラント)を

摂取する時に「一日にどれくらい摂取すれば良いのか」と悩まれた

ことは、ありませんか?

例えとてもいい製品だとしても、個人々で、1日の摂取量

年齢・性別・環境・運動の有無などの条件により、異なって

当然ですよね。

アムウェイでは、1日の目安摂取量として1日に3回、1回あたり10g

(大さじ大盛り約1杯分)としていますよね。

例えばこの摂取量を超えて飲んだ場合、どういう事が起こるのでしょうか?

基本的には、プロテインとはたんぱく質を中心とした食品の一つですので

直接的なデメリットは、ありませんが、どんな食べ物でも

「過剰摂取」するのは問題です。

たんぱく質の働きと過剰摂取のデメリットを知ったうえで

プロテインを上手に使いこなし、効率よく効能効果に結び付けて

いきましょう。

たんぱく質の体内での働き

エネルギーの栄養素であるたんぱく質は、からだづくりには欠かせない

栄養素です。筋肉はもちろんのこと、ホルモンや血液中のヘモグロビン

免疫機能に関係する抗体などもたんぱく質です。

●たんぱく質とアミノ酸

体内のたんぱく質はその役割りごとに数万種類も存在しています。

それらはアミノ酸が数十個から数百個結合することで機能の異なる

たんぱく質をつくっています。


アミノ酸は体内で合成できるものと、体内で合成できないため

食事から摂取しなければならないものに分類されます。

後者を必須アミノ酸とよび、それらをいかに効率よく食事から

摂取できるかが重要です。

●体内バランス

体内でたんぱく質が合成されていく一方、古くなった体の

たんぱく質は分解されています。

つまり常に人間の体は、生まれ変わり、新陳代謝していると

いう事です。

成人はこの合成と分解の量が釣り合っているためにバランスが

とれています。

●プロテインの過剰摂取によるデメリット

うまくプロテインを活用するためにはデメリットも詳しく知る

べきだと思います。

たんぱく質を一度にたくさん摂っても、すべてが身につく

わけでは、ありません。

やはり、限界があるのです。

ですから、プロテインの摂取量をきちんと守って

最高・最大の効果を引き出し、楽しいプロテインライフ

を送っていただきたいと思います。








障害者が、勝ち組になれる方法とは!!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ