アムウェイのeSpring浄水器Ⅱのランニングコストは、実は、思ったほど高くはないというけど・・・・・本当?

私は、左片麻痺の障害者です!



いきなり、そんなこと言われても、困ってしまいますよね。

実は、私は、【左片麻痺】の障害を持っています。

しかし、完全在宅で、どこへも行かずに、誰とも会わずに

ネットワークビジネスを展開しています。

今回、ご訪問して下さった、あなたへ、どのようにして、障害者の私が

ネットワークビジネスで、成功することが、出来たのかを、ご訪問して

下さったあなたへ、こっそり、お教えいたします。

記事をご覧になられて、一番下の、リンクをクリックして下さい。

謎が、全て解けると言う仕組みになっていますので、お楽しみに。



アムウェイ 浄水器 ランニングコスト

いくらアムウェイのeSpring浄水器

評判が良くても、やはり、どのくらいの

性能維持費用がかかるるのか、きになりますよね。

経済的なランニングコスト

安心でおいしい水を、経済的にお使いいただけます。

据置型のeSpring浄水器Ⅱを10年間使用した場合の

ランニングコストは、1Lあたり6.97円、1ヶ月当たり

2,904円、1年当たり34,843円。市販のミネラルウォーター

と比較したところ、eSpring浄水器Ⅱは、かなり経済的

であることがわかりました。

eSpring浄水器のランニングコスト

1L当たり 1ヶ月当たり 1年当たり

6.97円 2,904円 34,843円

アムウェイの浄水器のランニングコスト/市販のミネラルウォーターのコスト

1L当たり 1ヵ月当たり 1年当たり

eSpring浄水器Ⅱ※1 6.97円 2,904円 34.843円

eSpring浄水器Ⅱ※1 7,04円 3,093円 37,120円

市販のミネラルウォーター※2 68.1円 28,393円 34,0714円

※1 1年間で5,000L(アムウェイ浄水器の場合は1年間で4,500L)を使用した場合の10年間の

平均コストを算出。各浄水器の据置型のDCと10年間使用した場合に必要な交換用

カートリッジ(フィルターと紫外線ランプ)、切り換えバルブ、ホースのDC合計金額に

10年間使用した場合にかかる光熱費・水道料金(2009年2月時点の東京都の料金より)

     を含めて換算。

※2 2006年度清涼飲料総合調査結果より、1L当りの平均購入費用を換算。1年間に5,000Lのミネラルウォーターを使用した 場合の平均コストを算出。

浄水/源水の使い分けの目安

使用目的               浄水                   原水



飲料水                    ●

お茶・コーヒー     ●

粉ミルク                ●

製氷                       ●

調理                       ●

野菜洗い               ●                           ●(泥落としなど)

食器洗い                                            ●

意識していますか、キッチンの水の使い方

東京でひとりが1日に使う水の量は、約248L。その22%、約55Lは炊事に

使われる水です。もちろん、いちばん多く使われるのは野菜や食器を

洗う水ですが、ご飯を炊いたりお味噌汁や煮物をつくったり、直接体内に

入れる水も少なくありません。飲む水だけでなく、お料理をする水にも

ちょっとした気配りを。お米の銘柄にこだわるのだから、それを焚き上げる

水の味や臭いにまでこだわりたいものですね。


水の使用量の参考例

お湯を沸かす(やかん使用) 1回 約2.5L

電気ポット       1回                  約2.5L

料理(煮物等)                          1回                  約2.0L

飲み水        コップ4杯分 約1.0L

製氷        1回 約1.0L

野菜洗い     2分間 約7.6L

米研ぎ、炊飯    5合/回 約6.0L



このようなことは、普段は、考えませんよね。

想像していたよりも、ランニングコストはかからないようですが。




インターネットで楽々ダウン



障害者が、勝ち組になれる方法とは!!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


本日の人気アクセス、theベスト10!

このページの先頭へ